会社概要

会社概要

会社概要

会社名龍陽興産株式会社
所在地山口県美祢市大嶺町北分687番地7
設立昭和59年1月11日
資本金2,000万円
株主太平洋セメント株式会社(100%)
代表者佐野 和仁
従業員数41名(2019年4月1日現在、嘱託含む)
事業内容 石灰石・その他鉱物・土石の採掘・製造・販売
セメント・生コンクリート等建設材料の販売
土木建築材料の製造・販売
取引銀行山口銀行・西京銀行

経営理念

太平洋セメントグループの一員として、持続可能な地球の未来を拓き、
社会の永続的発展に貢献するCSR経営を行います。

経営方針

  • 経営基盤、企業体質の強化と永続的な発展
  • 安全、安定操業の維持と企業価値の最大化
  • 地域社会とのコミュニケーションと調和
  • 顧客品質ニーズの達成と顧客満足度の向上
  • コンプライアンスの推進
  • 社会に通用する人材の育成
  • 環境への配慮と調和

沿革

重安鉱山 及び 会社沿革

大正 4年(1915年)小野田セメント製造(株)大嶺出張所開設
大正 5年(1916年)小野田工場原石山として西山鉱区から出鉱開始
昭和34年(1959年)石灰焼成用立窯5基建設、生石灰製造開始
昭和36年(1961年)重安鉱業所に改称
昭和48年(1973年)鉱山合理化工事実施、ベンチカット採掘法へ移行
昭和53年(1978年)東山鉱区出鉱開始(開発工事;昭和51年〜53年)
昭和55年(1980年)西山鉱区の採掘休止、選鉱、生石灰製造は継続
昭和59年(1984年)龍陽興産(株)発足 (資本金500万円)
昭和61年(1986年)小野田工場セメント製造休止
昭和63年(1988年)重安鉱山骨材プラント新設
平成 元年 (1989年)重安鉱山生石灰製造休止
隣接他社鉱山への石灰石売鉱事業開始
平成 3年 (1991年)龍陽興産(株)の資本金を2,000万円に増資
平成 6年 (1994年)秩父小野田(株)発足、鉱山名を重安鉱山に改称
平成10年 (1998年)太平洋セメント(株)発足
平成20年 (2008年)重安鉱山能力増強工事実施、東山選鉱場新設
平成23年 (2011年)東山に砕砂製造設備完成、西山生産を休止
平成24年 (2012年)重安鉱山の共同鉱業権者となり、重安鉱山の運営を開始
平成27年 (2015年)開山100周年を迎える

組織

組織